PCB使用の電気機器
HOME > PCB使用の電気機器

■  PCB使用の電気機器

PCBを使用している代表的な電気機器には、高圧トランス、高圧コンデンサ、安定器があります。 
PCB使用の電気機器には、一般的に高濃度のPCBが使用されており、高圧トランス類であれば油量の50%〜60%、高圧コンデンサ類であれば100%に相当するPCBが含まれているとみられます。
※  使用している写真は、日本環境安全事業株式会社(JESCO)のホームページより引用。
     電気機器の解説は、環境省の「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理に向けて」より引用。

高圧トランス

高圧トランス、および図解
高圧トランス、および図解
高圧トランス(変圧器)とは、ある交流の電圧をそれより高いか、または低い電圧に変える装置です。
高圧トランス内はPCB油とトリクロロベンゼンの混合液(重量比3:2)で満たされています。例えば、50kVAの場合で、約115kgのPCBが入っています。

高圧コンデンサ

高圧コンデンサ、および図解
高圧コンデンサ、および図解
高圧コンデンサ(蓄電器)とは、電気を一時的に蓄える、電圧を調整する、位相を変化させる、といった効果を持つ装置です。
高圧コンデンサ内はPCB油で満たされています。例えば、100kVAの場合で、約35kgのPCBが入っています。

安定器

安定器、および図解
安定器、および図解
蛍光灯の安定器の中にも、低圧コンデンサが使われています。コンデンサ内の巻紙のすき間に少量のPCB油が含浸されています。
昭和47年8月以前に製造された業務用・施設用蛍光灯器具の安定器では、数十g程度のPCBが入っているものもあります。 ただし、一般家庭で使用されている蛍光灯には、PCBは使用されていません。

参考資料



▲pagetop