微量PCBの対象機器
HOME > 微量PCBの対象機器

微量PCBの対象機器

微量PCBの対象となる機器

1972年(昭和47年)〜1989年(平成元年)に製造された機器には、絶縁油に微量のPCBを含有している可能性があります。以下のような機器が、微量PCBの対象になります。

● トランス
● コンデンサ
● 計器用変成器
● リアクトル
● 遮断機
● 整流器
● 開閉器
● 放電コイル
● 中性点接地抵抗器
● 柱上トランス
● OFケーブル
微量PCB対象機器の写真と解説
京都市ホームページにおいて、上記の微量PCB対象機器が、写真付きで解説されています。
  • 測定対象PCB廃電気機器一覧 (PDF:238.12KB)
  •  京都市ホームページ「微量PCB分析の補助金について」 の補助対象機器一覧より。
     上記の トランス〜中性点接地抵抗器までの9機器が、一覧になっています。
1990年(平成2年)以降
1990年(平成2年)以降に製造された機器には、以下のような絶縁油に対する品質管理が強化されているため、PCB含有の可能性はほとんどありません。
● 絶縁油メーカーが再生油生産を中止し、新油のみを使用している。
● 絶縁油出荷時などに、PCBの分析を実施している、など。



▲pagetop